FC2ブログ

試験結果

発芽試験加温後6日だいぶ発芽状態に差がありますね~芽が出なかったもの数を数えて発芽率をだします最高95%から最低80%でした90%を大きく下回ったものは、だまだまになってコーティングが厚くなったセットのものが多かったです^^;もう少し日数がたてば出芽するかも・・・ですね~...

鉄コーティング2回目

鉄コーティング2回目の実施です今回は乾もみ130kg分のコーティングですが・・・前回、思った以上に鉄粉を消費していたため^^;今回は実験をかねてコーティング比0.3でチャレンジです鉄コちゃんのモードを変更してさすが2回目、前回のような、だまだまコーティングはなしに我ながら上手にできました。今回はさんかちゃんは使わずに全量育苗棚で酸化させます。また1週間様子見です^^...

発芽試験2

発芽試験の実施はパイプハウスに夜間はストーブをたいて放置してましたが、昼間は天候次第で40℃くらいまで上昇し、夜温は5℃くらいまで低下するので育苗棚に移動させ、スチームヒーターで30℃に設定し、再度やり直しです~30℃なら5~7日ほどで発芽するようです。...

発芽試験

育苗棚の分も1週間が経過し、水分計にて水分を計測13%まで乾燥していたので無事完了です。発芽率の調査をおこなうため、シャーレに100粒づつとって発芽試験です...

鉄コーティング2

昨日、コーティングした種子を確認です~酸化装置に投入したやつは、いったん取り出して、がちがちに固まった状態を一生懸命なぐってほぐし1段目と2段目を天地返ししてあと1日乾燥させますもう全体が完全にさびた状態になってます・・・さすが専用の装置ですね~育苗棚の分はまだ、グレーに斑点のさびがついている状態です。いったん取り出して全体をもみほぐし、噴霧器で全体を湿らせますこちらのほうは、またしばらく様子見です...

種子コーティング

種もみの下準備も整い、いよいよ鉄コーティングです。クボタの鉄コーティングマシーン「鉄コちゃん」を導入しコーティングの均一化をはかります^^初めての運用なのでクボタさんに実技指導をいただきましたミキサに脱水したもみを40kg投入し、鉄コちゃんにはコーティング比0.5の鉄粉+焼石膏(22kg)を投入、水タンクに規定の水量をセットしたら、あとはモードを選んでスイッチオン!20分たらずで乾もみ40kg分の...

種子準備2

直播コーティング準備その2です塩水選した種もみを浸種します。10℃から15℃の水に浸し4日から6日おいて芽がでる直前にして出芽が揃うようにする作業です。移植方法と異なり、直播してから雑草より早く出芽しなければならないのでこの作業が重要になるそうです。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。