FC2ブログ

貸切バス事業者安全評価認定

貸切バス事業者安全性評価認定制度のシンボルマーク
2018シール認定証-星3 (002)
このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう
安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークです。

*安全評価認定を受けた貸切バスの乗降口付近に貼付してあります

京都さくら観光は平成25年3月に「一つ星」の認定を取得し、平成26年9月に一回目の更新申請で高いレベルでの安全に対する取り組みが評価され「二つ星」の認定を受けました。
そして、今回二回目の更新申請で引き続き高いレベルでの安全に対する取り組みが認められ、平成28年9月に最高ランクの「三つ星」認定を受けました。

安全性評価認定制度は、厳しい審査基準を達成した貸切バス事業者に認定されます。

当制度の認定方法

評価認定の方法は
①安全性に対する取組状況
②事故及び行政処分の状況
③運輸安全 マネジメントの取組状況について
日本バス協会において書面及び訪問審査を行い、日本バ ス協会に設置された学識経験者、有識者、国土交通省、日本バス協会により構成される貸切 バス事業者安全性評価認定委員会において、評価認定が行われます。

認定基準は以下のとおりです
① 申請条件を満たしていること。
② 評価点数の合計が 60 点以上であること。
③ 各評価項目が下記の基準点以上であること。
※ 合計点数が 60 点以上でも、一つでも基準点を下回る項目がある場合は認定しない。

法令遵守事項(37項目)
安全性に対する取り組み(27項目)
事故及び行政処分の状況(2項目)
運輸安全マネジメント状況(10項目)
上記の項目を審査・評価し、認定・公表することで安全性の「見える化」をおこない
お客様がより安全性の高い貸切バス事業者を選択する際のひとつの目安となる制度です。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。