FC2ブログ

一部改正

平成28年11月15日に旅客自動車運送事業運輸規則が一部改正されました。

主な内容は

(1) 一般貸切旅客自動車運送事業者について営業所ごとの運行管理者の必要選任数を20両ごとに1名
   (100両以上分は30両ごとに1名)・最低2名。(現行は30両ごとに1名)
(2) 一般貸切旅客自動車運送事業について運行管理者の資格要件を試験合格者のみに限定。
   (現行は一定の実務経験、講習受講による資格取得が可能)
(3) 旅客自動車運送事業者に対して運転者に直近1年間に乗務していなかった車種区分の事業用自動車
    を運転させる場合に特別な指導・監督の実施を義務付け。
(4) 夜間に長距離運行をする貸切バス運転者について道路及び運行の状況や疲労の有無等を確認す
    るための中間点呼の実施を義務付け。
(5) その他貸切バスの事業の適正な実施 国への報告等について義務付け。

(1)については平成29年12月1日施行
(2)から(5)は平成28年12月1日施行

今後の運行管理者は運行管理者試験に合格した人だけとなります。
(3)については小型・中型バスの経験しかない運転手を新たに大型バスに
乗務させる場合は初任運転者と同様の指導・監督を行う必要があります。

貸切バスに関しては、これからも細かい制度の変更がおこなわれます。
安全運行のためこれらの確実な運行管理を行います。

コメント

非公開コメント