FC2ブログ

すっかり秋らしい気候になりました^^
日中の気温はまだ高いですが、日陰にいると風がさわやかで心地いいですね

わが社の稲刈りも今週の前半のシルバーウィークなか日にて無事終了しました。

天候不順の影響でやはり、収量的には例年の1割ほど減収でした。

今年の稲刈りは最後の最後でコンバインのトラブルが連日続いてさっぱりでした;;

最後3日は毎日、イセキ関西さんより実演機をお借りしてなんとか刈り終えることができました。(感謝感謝です)

今日はそのコンバイン(イセキ ジャパン)の試作機が、滋賀県で実証試験をされているということで滋賀県水口までいってきました。

「Japan6120」


その名の通り、6条刈の120馬力、エンジンは最近のディーゼル問題に対応したコモンレール付の排ガス対応タイプでした。
DSCN0295_convert_20090926183356.jpg

何でも今度のタイプでの6条刈だけでなく7条刈の「7120」もラインナップされるそうです。

実際試乗させてもらったのですが・・・

その刈取り速度の速さにびっくりしました。

それもそのはず、なんとMAX2.0m/Sのスピードです。

なんと圃場の中にいた、たぬきくんがその速さに逃げおくれ、刈取り後の清掃のため玄米タンクをあけたところ、はさまった状態でもがいていました。

なんとか、コンバインから無事に助けだしてあげたところ、おうちのほうに無事逃げ帰ったようですw

後でこの圃場の従業員のかた聞いた話だと、数日まえに他の圃場にも出没して、そのとき尻尾を刈り取られた同じたぬきくんとのことでした。(何回コンバインにまきこまれとんねんw)



この新型機その速度もさることながら、現行機の気になる箇所はことごとく改良され、清掃等の際も優れた機能をもっていました。
何とねじ2本で刈取り部はopen
DSCN0296_convert_20090926183621.jpg


さらに、キャビンもねじ数本で右側にスライドオープンしました。


ただ、気になる点は、車速変則のレバーがこれまでと違って、異常に軽く、出だしがギクシャクした感じにおもえました。



コックピットの中はこんな感じ

DSCN0300_convert_20090926183733.jpg

すべての操作スイッチが左前に集約されて、操作しやすい形になっていました^^

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。